クラウンセルクリームのお試し!トライアルモニター募集はこちら!いつでも解約可能の定期便

クラウンセルクリーム

クラウンセルクリームの定期便

クラウンセルクリーム

クラウンセルクリームの定期便は、いつでも解約可能!

初回限定で5,616円(税込)→980円(税込)になるので、初回だけでもお得です。

クラウンセルクリームがおすすめな人

高級化粧水、美容液を使っているのにすぐ乾燥しちゃう…
化粧水や乳液では届かない所があることを知らない…
どうやって乾燥対策すれば良いのか分からない…
お肌の構造を実はよく知らない…
肌荒れ、年齢肌や敏感肌で悩んでいる…

今までのスキンケアは逆効果!?

乾燥対策は肌に水分を与える事が重要!実はこれ、間違えたスキンケアの可能性があります。なぜなら、水分は蒸発するからです。想像してみて下さい。濡れたティッシュがあります。3時間後、そのティッシュはどうなっているでしょうか?

そうです。乾いてカピカピになっています。濡らす前よりも乾燥が酷くなっていることに気付くでしょう。実は水分は蒸発するときに、もともとある水分を奪いながら蒸発します。つまり、水分は与えるほど蒸発してガサガサになり、この減少はあなたのお肌でも、起こっている可能性があるのです。

乾燥した肌には水分を与えれば良い!?

この考えが乾燥肌大差雨の最も大きな間違いなんです。特に、肌荒れ・年齢肌や敏感肌の方は、乾燥によって肌トラブルが生じやすくなるので乾燥対策には気をつけなければなりません。

では、正しい乾燥対策とは?

まず、お肌の保湿は2箇所に対して行う事が大切です。皆さんが保湿をする角質層は「角質細胞」とその隙間を埋める「細胞間脂質」で出来ています。

「細胞間脂質」??聞いたことがない…。

という方が多いかもしれません。

実はこの2箇所を保湿することが大切です。

しかも、化粧水や乳液、美容液は主に「角質細胞」への保湿であって、「細胞間脂質」にはほとんど届いていないのです!

水分を含んで留める「細胞間資質」って何?

美肌の秘密は、お肌の潤いの元である「細胞間脂質」にあります。「細胞間脂質」とは角質細胞と角質細胞の間にある脂質のことをいいます。

右の図のように、水分を含んでとどめ蒸発させない役割を果たしている保湿物質です。これがお肌の潤いのもととなり、十分な細胞間脂質をキープすることで潤いのあるきれいなお肌になるのです。

クラウンセルクリームは、乾燥肌に対して今までと
全く違うアプローチをしている保湿クリームです。

お肌の保湿は「角質細胞」と「細胞間脂質」へのアプローチが必須です。
ただ、いままでの化粧水やクリームは「角質細胞」への保湿であって
「細胞間脂質」への保湿はできていませんでした。

そのいままでの化粧水や乳液では届かなかった「細胞間脂質」へのアプローチを
可能にしたのがクラウンセルクリームとなります。

今まで乾燥肌に悩んでいた方々に対して
試して頂くと「潤いが続いている」や「保湿時間が他のクリームとはくらべものにならない」など
大変ご好評いただいております。

好評を頂きましたので、ボリュームアップしてリニューアル
今なら、リニューアルに伴いクラウンセルクリームがなんと980円(税込)※83%OFF
大変お求めやすい価格となっておりますので、ぜひこの機会にお試しください。
使って頂ければ、違いがわかる自信があります。

クラウンセルクリームの特徴って?他のクリームとの違いを比較

化粧水・乳液の届かないあの場所へ!

クラウンセルクリームの特徴

私たちがお肌と呼んでいる「角質層」は角質細胞とその浮間を埋める「細胞間脂質」の2つの成分で構成されています。ほとんどの方が、保湿は「化粧水・乳液・美容液をたっぷりお肌へ」と考えますが、実はこの保湿方法、「角質細胞」中心の保湿で、もう一方「細胞間脂質」への保湿は不十分なのです。

「細胞間脂質」は水分を含んで止め、角質細胞内の水分蒸発も防いでくれる最も大切な成分。そんな大切な成分ですが「化粧水や乳液、美容液」だけでは補給が不十分となるのです。そこで「細胞間脂質」を見本に開発されたクリームが「クラウンセルクリーム」です。「クラウンセルクリーム」は図のように不足した「細胞間脂質」をサポートすることに優れ、お肌の手立て直しに大活躍してくれます。「しかも、角質細胞へのサポートも同時に行えるので、保湿はこれ1本だけで十分!

職人が創り出す豪華成分の抜群比率!少量生産のこだわりクリーム

細胞間脂質をサポートするクラウンセルクリーム。細胞間脂質に近づけるために、実は非常に高度でこだわりの技術が必要でした。クラウンセルクリームにはお肌に必要な豪華成分が多く使われていますが、バランス良く配合できるのは職人の技のおかげなのです!
熟練した職人が工場内のわずかな湿度や温度の違い、原料を入れるタイミング・速度など高い技術を駆使し作り上げます。
このこだわりから1度に作られる生産量は僅か!とても貴重なクリームです。

嗜好品ではなく必需品を目指している

一般的に化粧品はデザインと触感が優先され高級感やキラキラした可愛いイメージのパッケージが大半を占め、触感や香りの良いものが好まれます。

しかし、私たちはトラブルを抱えるお肌の本質と向き合いたい、という思いから、日々使っていく中で感じるもの・・・「結果」を重要視しています。
クラウンセルクリームは【嗜好を追わず、結果を追い求める!】をコンセプトに原料にこだわり作られたクリームです。

クラウンセルクリームの口コミ・評判

弾力感の持続が今までとは違う

クラウンセルクリーム口コミ画像1

最初はこれ1本で大丈夫かな?と思いましたが、潤い感は今までの化粧品でダントツ1番でした!化粧品の数が減ったのに、今までより全然お肌の調子が良いので今までなんであんなに沢山使っていたのかなって!もっと早く出会いたかったです。

肌がふんわりもちもちでめちゃくちゃ気持ち良い

クラウンセルクリーム 口コミ 画像2

クリームタイプなのに、驚くほど伸びが良くて柔らかいテクスチャなんです。肌に馴染ませていくとスーッと吸い込まれるように肌がふわふわと柔らかく、そしてもちもちになるのです。気持ちが良くてついつい多く使っちゃいますが、持ち運びにも便利でお化粧の上からも肌に載せるように使えます。

肌が潤うのにさらっとした仕上がりが大好き

クラウンセルクリーム 口コミ 画像3

今までクリームタイプってベタベタするイメージだったんですが、クラウンセルクリームは肌はしっとり、表面がさらっとして驚きでした。肌の中に潤いがぎゅっと詰まっている感じ。使って1日目の翌朝、いつもと感触が全然違ってなんども鏡の前で確認しちゃいました。指先が吸い付くさわり心地が凄いです。しかも使用後すぐに色が白くなってびっくりです。

1日中潤いを感じることができる

クラウンセルクリーム 口コミ 画像4

使い続けるうちに顔が明るく透明感が出てきたようになりました。彼氏や友人にも表情が明るくなったねと褒められてうれしいです。保湿感を1日中感じることができるので気に入っています。クラウンセルクリームはもう私の必需品です。

クラウンセルクリームの全成分

水、セタノール、BG、ラウロイルグルタミン酸ジ、 オクタン酸セチル、グリセリン、トリオクタノイン、 ペンチレングリコール、PCA-Na、セラミド3、 ムコールシルシネロイデス油、トコフェロール、 キサンタンガム、Na、 ヒドロキシステアリン酸コレステリル、水添レシチン、 ステアリン酸ポリグリセリル-5、ジメチコン、 バチルアルコール、メチルパラベン、プロピルパラベン

クラウンセルクリームの成分を分析(解析)

セラミド

セラミドは角質層にある細胞間脂質の主要成分で、水の分子をサンドイッチ状に挟み込みお肌の潤いを保ちながら体内の水分が外へ蒸発していくことを防いでくれます」また、肌の一番外側で角質細胞同士をつなぎとめ、きめを整えてみずみずしさを保つ働きを
持っています。非常に保湿力が高いことから、皮膚をすこやかに保つと言われています。肌の保湿力を高めることから物理的バリア膜を強化し、外部からの刺激や細菌の侵入を防ぐ機能も持ちます。敏感肌の方の肌にはセラミドが少ないとも言われています。

γリノレン酸(がんまりのれんさん)

人間の身体は60兆個の細胞の集まり。細胞レベルから立て直すことがお肌のトラブル解消のポイントです。γリノレン酸※1は人間の身体に必要な必須脂肪酸の一つ細胞のコンディションを整えることにより肌本来の元気を増すことに繋がります。
γリノレン酸※1は食物からの摂取が難しいこと
から、加齢とともに体内で不足しやすい成分です。敏感肌の方の体内にも不足しているといわれ、欧米では敏感肌の薬としても使われています。
※1ムコールシルシネロイデス油

ヒアルロン酸

ヒアルロン酸は、もともと人の皮膚や関節などに存在しており特に水分を保持する能力(保水力)にすぐれた物質です。非常にたくさんの水を蓄えると言われており
その保水力は1gで水6000mlとまで言われています!しかし、年齢と共に体内のヒアルロン酸の量は減少し40代ではピーク時の半分ほどに減少するとも言われお肌の乾燥、はりの低下・しわ・しみの原因の一つにもなります。

PCA-Na(ビロルドンカルボン酸ナトリウム)

PCA-Na(ビロルドンカルボン酸ナトリウム)とは アミノ酸代謝物の一つで、お肌が自らつくり出す 化粧水のような物 角質層にあるNMF(ナチュラルモイスチャー

ファクター)という天然保湿因子の約1割を占める 重要な成分です。 皮膚に柔軟性と弾力性を与えるための大きな 役割を果たしてくれます。

お肌本来の成り立ちと役割について

お肌の構造を知ろう!

クラウンセルクリーム豆知識

お肌は図のようにいくつかの層に分れて出来ています。その中でも美肌の秘読は角質層にあります」角質層では潤いとバリア機能を保ち、外からの細菌やウイルスなどの侵入を防ぐと共に、体の水分を外に逃さないようにする役割があります。

角質層を拡大してみよう!

クラウンセルクリーム豆知識2

美肌の秘訣!角質層を拡大してみましょう。まずは角質細胞。この中には水溶性の成分でNMF(ナチュラルモイスチャーファクター)という天然保湿因子が含まれておりキメの細かい締麗なお肌を作り出します!そして角質細胞の隙間を埋めているのが、細胞間脂質。この脂質が水分を含んで逃さない働きがあり、お肌の潤いを保ち紫外線など外部刺激から肌内部を守ってくれます。

バリア機能が壊れてしまったら?

クラウンセルクリーム3

角質層の潤いバリア機能が壊れたらどうなるのでしょうか?
図の通り乾燥してバリア機能が弱まると紫外線などの外部刺激が肌内部まで届くと言われています。すると、肌を守ろうとシミの原因メラニンが過剰に放出されたり、シワの原因とも言われるコラーゲンやエラスチンの断裂にも繋がります。その他、お顔の肌トラブルにも注意が必要となります。

美肌の秘訣、バリア機能を保つには?

クラウンセルクリーム4

バリア機能は肌のターンオーバーと呼ばれる細胞の生まれ変わりのサイクルから、肌自らが作り出してくれます。肌は初めの細胞分裂からおよそ28日間かけて生まれ変わると言われており、角質層に到達するタイミングで細胞から細胞間脂質の素が吐き出され自家製クリームが完成します!释しかし、バリア機能が弱ってくると、ターンオーバーが乱れ|十分な潤いやバリア機能が作られません。そこで、バリア機能を一時的にサポートする保湿成分が重要に!
サポート力が高い保湿を続けることで、お肌のリターンオーバーをケアし、徐々に本来の締麗な環境へ導いてくれます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする